歌が上手くなるトレーニング法~腹式呼吸編~




歌が上手くなるためにまずこれをやっておけ!~腹式呼吸編~

はい!HAHAHA!!

今回は歌関連の記事です。

筆者は昔、うんこ並みに歌が下手くそだったのですが、

ボイトレに通い始めて、そこで言われた通りにやってたらみるみる上達していったので、

このブログに筆者が行った練習方法をまとめていきたいと思います。

さて、まずはその内の一つがこの腹式呼吸です。




まずは基礎知識、腹式呼吸とは?

歌を習い始めると一番初めにこれを叩き込まれる事が多いと思います・・・

簡単に説明すると、空気を吸い込んだ時に肩、胸部を動かさず、

お腹を膨らませたり引っ込ませたりする事です。

以下、wikipediaより抜粋です。

の入っている胸腔は、主に、肋骨とそれを支え動かす筋群及び横隔膜で構成されている。息を吸う(すなわち胸腔を広げる)ためには、肋骨を開き広げるか、横隔膜を収縮させて下げればよい。特に、横隔膜を大きく動かすと、腹腔が変形し、腹が前方へ突き出る。これが、腹筋をはじめとする全身の筋肉の弛緩を促し、更に内臓への刺激ともなることから、様々な健康法などと結びついている(ヨガ等)。ここから、息を吐き出す力は横隔膜の弛緩による復元と、腹筋の収縮によって内臓を上昇させ、それによって横隔膜をさらに上昇させることによるものであるから、あたかも腹で呼吸しているように感じられるのである。

歌唱においては、胸郭を下手に動かすと、喉頭懸垂筋群や声帯内筋に余計な緊張を生むうえ、呼気の連続性が損なわれる。このため、特に初心者は、腹式呼吸を習得することに熱心になる。また、呼吸や喉頭の、「支え」のことを暗に示している場合もある。

なぜお腹で歌う事が大事なのか、諸説ありますが、

声に余計な緊張を与えず、

リラックスして歌う事に繋がっているからなのですね。

体に力を入れない・・・これもよく言われる事ですが、

このへんも腹式呼吸とのつながりがあって、こう言われているんだと思います。

筆者も実際に体験して分かっていますが、

体が緊張していると、驚くほど声が出ません(伸びません)。

この呼吸法と合わせて、歌う前には体の入念なストレッチは欠かさない様にしましょう。

また、この呼吸法は身心のリラックス効果も生み出すので、

歌う時以外でも、緊張がひどい時に思い切り空気を吸いこんで、

深呼吸する様にやってみると良いでしょう。

ではどうやって身に付ければ良い?マスター方法は?

続いて、これをどうやって体に染み込ませるかですが、

これはとにかく意識するしかありません。

とりあえず思いつく練習法が2つほどあるのでここに紹介します。

その1、普段からお腹に手を当てて動きを確認すべし!!

筆者は慣れ過ぎてしまい、今はもう肩、胸部で呼吸する事の方が難しいのですが、

普段から意識して、お腹に手を当てたりしながら、

呼吸しているときにしっかりお腹が膨らんだり引っ込んだりしているか。

これを確認する事が大切です。

空気を吸い込んだ時にはお腹が膨らみ、

吐き出した時はお腹が凹んでいく。

この動きを何回も繰り返し、体に覚えこませていきましょう。

筆者は仕事中もお構いなしで、しょっちゅうお腹に手を当てて動きの確認をしていました。

上司にお腹が痛いのか?と心配させてしまいましたが、(笑)

そのぐらいストイックに、普段の生活に浸透させる事が大事です。

その2、歌を歌う前にヴォイストレーニング時間を設ける!!

大抵の人の、歌の練習の始め方は、

もういきなり歌い始めちゃう方が多いと思いますが、

それは言語道断です。素人考え丸出しなのでやめて下さい。

「別に素人なんだからいいじゃん」

だなんて言わないで下さい。そういった考えも非常に大切なので・・・

歌う前に腹式呼吸のトレーニングをやりましょう。

腕を伸ばし、顔の前に人差し指を立てて、

それをロウソクに見立て、

ゆっくり息を「すぅぅぅ・・・」と吐く練習をしましょう。

この時お腹の動きに気を付けて下さい。

ちゃんと吸う時に膨らんで、吐く時に膨らんでいるか、

確認しながらやりましょう。

だいたい10秒を目安に、10秒間で息を全部吐ききり、

また10秒かけて空気を吸い込む・・・といった具合にやるといいでしょう。

この呼吸法のトレーニングは色々種類があるので、

また違う機会にいくつか紹介していきたいと思います。

まとめ

以上が腹式呼吸についての概要になります。

そこまで難しい事ではないので、一歩ずつマスターしていけると良いでしょう。

では最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

仮想通貨取引は有名どころのビットフライヤーで!! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする