アニメ『ドラゴンボールGT』の神ソングをまとめてみた。




アニメ『ドラゴンボールGT』の神ソングをまとめ

こんにちは!

今回の記事は前回書いたドラゴンボール記事繋がりで、

アニメ『ドラゴンボールGT』で使用された楽曲を紹介していこうと思います。

前回の記事はこちら↓↓

スーパーサイヤ人4ゴジータを求めて こんにちは、今回は漫画やアニメでお馴染みの『ドラゴンボール』についての記事です。 ...

放送当時僕は小学校4年~5年生くらいでしたが、

ずっと心に残っていたのでしょうね。

youtubeで久しぶりに聴いた時、なんとも言えない切なさや、懐かしさがこみ上げてきて

ついつい『ウルっ』ときてしまいました。

いや、多分それだけでなくて、

曲や歌詞自体が、単純に心を打つものだったのかも知れませんね。

では早速見ていきましょう。




オープニングテーマ曲、DANDAN心惹かれてく

FIELD OF VIEW(フィールド オブ ビュー)の

DAN DAN 心惹かれてく

まずはyoutubeで曲をお聴きください。

ボーカルの浅岡さんのクリアな歌声と、

ZARDの坂井泉水さん作詞、曲は織田哲郎さんと、今思うと非常に豪華なメンバーで作られた歌ですよね。

この歌の中でたびたび歌われる『君』と呼ばれる存在が、

僕には『悟空』の事なのかな?と思う部分もあったり・・・

いや、坂井さん的には全く違うと思うんですけどね??

でも、歌って一人一人の解釈が許されるものじゃないですか。

僕はそんな風に思えてならないんです。

今放送されてる『ドラゴンボール超』では、

悟空はバリバリ元気だし、大人だし、めっちゃエンジョイしていますけど、

この『ドラゴンボールGT』では、悟空は永遠に消滅しちゃいましたからね・・・

(ネタバレすみません)

それが余計に楽曲としての『切なさ』を増して、より強く印象付けているんだと思います。

もういない、俺たちの悟空は・・・というか、GTという作品自体、

最終回では悟空の孫の『パン』しか知ってる人いないんですけどw

そういう部分がより、この曲を聴いた時に、

もう戻らない時間とか、それに伴う切なさとかを代弁してる様な気がします。

EDテーマ曲、ひとりじゃない

続いてはこちら。

DEEN『ひとりじゃない』

ED曲はこれを含め全部で4曲使用されていますが、

個人的にはこの歌が一番心に染み渡ったので、これを真っ先に紹介したいと思います。

とりあえずまたyoutbeからどうぞ↓↓

※リンク切れでした・・・

・・・なんなんでしょうね?

この胸を鷲摑みするような切なさは・・・

DEENのボーカルの池森さんの声には、

僕の90年代がいっぱいに詰まっています。はい、意味不明ですね(ニッコリ

と言っても、僕は当時小5なんですけど。

いや、お前が90年代を語るなとかは言わないで下さい。結構記憶に残っているものなんです。

そしてこの曲はまた歌詞が秀逸なんです。

歌詞の中に、

『社会』と書いて『人』と読み、

『希望』と書いて『夢』と読む・・・

というフレーズがあるんですけど、

なんなんだ??!!このセンスは!!!!

いや~、まさにその通りなんですよね~。

社会って、要するに人間なんですよね。

って言われると『まぁそうだな』って納得するんですけど、

こう表現できた人間が果たしてどれだけいたのか・・・

いや~、深いです。

また、この曲自身が、もっと軽く生きていこうよという、

現代社会に対してのメッセージにも聞こえて、なんだか前向きになれる曲ですよね。

ちなみに池森さんはこの歌のスカ・バージョンでこんな風にも歌っています。

20年近く経って、こんな風に歌えるって、なんだかとても素敵です。

改めてファンになってしまいました(笑)

まとめ

以上になりますが、簡単にまとめてみました。

他にも大好きな歌がいっぱいあるので、

ドラゴンボール関係ないですが、こんな風に歌レビューって感じで、

まとめていこうかなって思ってます。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました!(‘ω’)ノ

仮想通貨取引は有名どころのビットフライヤーで!! bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする